×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

乱数調整 2010年9月2日更新

乱数調整について準備するもの調整するもの固定ポケモン厳選
タマゴ厳選

乱数調整について (DPt、HGSS)
乱数調整とは個体値等の決定方法を利用して自分の欲しい個体を手に入れるという厳選方法の一つです。 2008年末頃に解明され、 当時は殆ど存在しなかった6Vや色違いが頻繁に使用されるようになりました。 クレセリアのような厳選の大変なポケモンも、今や高個体値めざめるパワー付きが当たり前です。
正し、短い時間で高個体値が手に入る素晴らしい厳選方法であるのは確かですが、 本来偶然であるべき要素をいじることから、嫌っている人もいます。

ちなみに基礎知識に分類したものの私自身勉強中であまり詳しくなかったりします。 使用しているのはDSLite+プラチナ、DSi+ハートゴールドです。 ダイヤモンド、パール、ソウルシルバーでも成功したという報告を頂いています。

このページではID調整やポケウォーカー、色違いについては扱っていません。

参考サイト:
アーマーの雑記様 :プロフィールでツールを公開されています。
こめっとぱ~んち☆彡様 :乱数調整の記事を参考にさせて頂きました。
ポケモンの館様 :エメループと疑似乱数を参考にさせて頂きました。
ゆうのぴあ様 :エメループによる厳選方法を編み出した方です。
準備するもの (関数電卓、ツール、ストップウォッチ)
【16進数⇔10進数のための関数電卓】
私たちが普段使用している数字は1つの桁に0,1,2,~,7,8,9の10種類の数字が入るので10進数と言います。 乱数調整では10進数以外に、 1つの桁に0,1,2,~,7,8,9,a,b,c,d,e,fの16種類の数字が入る16進数が出てきます。 16進数では9の次はa、fの次は10、19の次は1a、1fの次は20といったように進みます。

16進数を10進数に直す、10進数を16進数に直す際には、関数電卓を用いると早いです。 tomariのホームページ様の 関数電卓へ。 使い方は、関数電卓のページの「■16進数」をご覧下さい。

【乱数調整のツール】
私が使用しているのはおひるごはんさん作成のPlatinum1.4.2βというツールです。 ダウンロードページへ
2009年12月4日現在、最新のツールはPlatinumではなくPHSです。

2010年3月5日よりPHS利用者数調査中。ご協力宜しくお願いします。

詳細:なんかいろいろ


【ストップウォッチ】
ソフトのがらくた箱様の ストップウォッチへ
調整するもの (初期seed、通常乱数、孵化乱数)
乱数調整で調整するのは初期seed、通常乱数、孵化乱数の3つです。 それぞれの値はツールが教えてくれ、値が一致すれば目的の個体が出ます。

【初期seed】
初期seedとは、
 「DSのソフト選択画面でポケモンDPtHGSSを選択したときの年月日時分秒~
 続きから始めるを選択したときの年月日時分秒」
で決まる、8つの数字から成る値です。 8つの数字をAB CD EFGHで表しますと、それぞれの数字は以下の方法で決定しています。
-------------------------------------------
AB…続きから始めるを選択したときの[月×日+分+秒]を16進数に直した値です。
例えば[?年9月12日?時20分30秒]で続きからを選択したのであれば、 9×12+20+30=158を16進数に直した値の9eとなります。
ちなみに16進数で3桁以上になったときは、下2桁のみとなります。 秒以下の小数点は考慮せず切り捨てです。
-------------------------------------------
CD…続きから始めるを選択したときの[0~23の時刻]を16進数に直した値です。
例えば[10時]であったら16進数に直した値の0a、21時であったら16進数に直した値の15になります。
-------------------------------------------
EFGH…続きから始めるを選択したときの年と、 DSのソフト選択画面でプラチナを選択~続きから始めるの選択までに掛かった時間(以下、経過時間) で決まる値です。 経過時間中にはフレーム(Fと略されます)と呼ばれる値が、1秒に60ずつ進んでおり、
EFGHには[年-2000+フレーム] を16進数に直した値が入ります。
正しソフト選択直後に数秒ある白い画面ではフレームは進んでいません。
白い画面の時間は、DS本体、DSソフトごとに個体差が有るようです。

以上より、例えば経過時間が20秒、続きからを選択したときが2009年なら、 EFGHには[2009-2000+60×(20-5)=909]を16進数に直した値の038dが入ります。 白い画面はぴったり5秒で計算しましたが、違うかも知れません。
-------------------------------------------
例:
2009年9月12日10時20分10秒にソフト選択画面でプラチナを選択
2009年9月12日10時20分30秒に続きから始めるを選択したとき
初期seedは大体 9e 0a 038d になります。
-------------------------------------------

【通常乱数】
続きから始めるの後に消費する値です。()内は確認したソフトで、これ以外のものは試していません。
-------------------------------------------
128歩移動する度に、なつき判定のため、手持ちのポケモン数だけ通常乱数を消費。 自転車に乗っても大丈夫ですが、セーブしても歩数がリセットされない点に注意して下さい。(Pt、HG)
例:手持ち5匹で384歩移動する通常乱数を15消費する。
-------------------------------------------
NPC(自分以外の人など)が移動したり向きを変える度に1消費。(Pt、HG)
画面外のNPCもカウントされます。
HGハナダシティのショップだとNPCが動かないです。
-------------------------------------------
草むらの中で方向転換する度に1消費。(Pt、HG)
-------------------------------------------
徘徊ポケモン1匹ごとの位置決定に1消費。(Pt、HG)
レポートした時と重なるとさらに消費。(HGのみ確認済)
-------------------------------------------
ぼうけんノートの「○○をつかまえた」「○○をたおした」と書かれているページを見る度に2消費。(Pt)
-------------------------------------------
ウツギ博士に電話する度に1消費。正し準備が必要です。(HG)
ウツギ博士からふねのチケットを貰う辺りまで進むと、以下のような電話の内容になります。 (トゲピーを見せる必要もあるかも知れません。)

「ポケモンの しんかというのは~」 「カントーには まだぼくの~」

ポケルスに1度でも感染したポケモンを持っていると、ウツギ博士から電話が掛かってきます。 恐らく、その後「ポケルスが くっついた~」という内容が追加されます。 電話を利用した初期seed特定では「ポケルスが くっついた~」が必要になるので、 ポケルスをお持ちでない方は掲示板に交換依頼をして下さい。
-------------------------------------------


【孵化乱数】
続きから始めるの後に消費する、タマゴ厳選で調整が必要な値です。 ()内は確認したソフトで、これ以外のものは試していません。

ポケッチをNo6なつきチェッカーにする度に手持ちポケモンの数×2消費(Pt)
なつきチェッカーでダブルタッチして跳ねさせる度に、手持ちポケモンの数×2消費(Pt)
ポケッチNo15コイントスを1回行う度に1消費(Pt)
たんぱんこぞうのゴロウに電話する度に2消費(HG)
タマゴができる度に1消費(HGのみ確認済)

固定ポケモン厳選 (5Vクレセリア)
性格ずぶとい、個体値は攻撃以外31のクレセリアを厳選する方法です。

■ステップ1■条件を確認、クレセリアの前でレポート
まずPlatinum1.4.2β(最新式ではありません)の赤いパネルに条件を入力し、実行します。



以上より初期seedを810b042fに合わせ、seed(通常乱数)を9消費すれば良いことになります。 つまり手持ちを3匹にし、初期seedが合ったら384~511歩移動してクレセリアに話しかければ良いです。 エムリットなどの徘徊ポケモンは通常乱数を消費するので、徘徊していない状態にします。

以下実機です。ポケッチのコイントスとマーキングマップ(クレセリアの場所が分かる)を使用するので手に入れ、 手持ちを3匹にし、捕獲する準備も出来たらクレセリアの前でレポートを書きます。

■ステップ2■時刻を決定
赤いパネルより、2009年9月10日11時0分39秒に続きから始めるを選択する ことにします。 9×10+0+39=129を16進数に直すと81、初期seedの上2桁になっています。
時刻は11時。
経過時間はフレームが1071(10進数)になれば良いので、 1071÷60≒17.9秒にフレームの進まない白い画面の4~5秒を足して、大体22秒と考えて良いでしょう。
よってプラチナを選択するのは2009年9月10日11時0分17秒です。 DSの時刻を2009年9月10日に設定したら、一度プラチナを始めてレポートし、 続きから始めるの後に冒険ノートが出ないようにしておきます。

■ステップ3■初期seedを合わせる
ストップウォッチを準備します。 DSの時刻を11時0分に設定すると共にストップウォッチを起動させ、 17秒丁度にプラチナを選択、39秒丁度に続きから始めるを選択します。
コイントスをします。コイキングなら表の○、モンスターボールなら裏の×です。 コイントスの結果から初期seedとの差を調べ、調整していきます。



以下は目標から0.5秒の範囲のコイントスの結果です。
目標初期seed:810b042f
810b0411:○○×○○×○○×○××× ■経過時間が0.5秒短い
810b0412:×○×○○×○○××○○○
810b0413:×××○○○○○○○×××
810b0414:××○○××○××○×○×
810b0415:××○×○○××○○○○○
810b0416:○×○○○○○××××○○

810b0417:○○○×××○×○○○×× ■経過時間が0.4秒短い
810b0418:○○××××○×○○○○○
810b0419:××××○×○○○○○○×
810b041a:○○○××○○○○××○○
810b041b:×××○×○○×○○×○○
810b041c:○○○○○××○×○××○

810b041d:○○○○××○○×○×○× ■経過時間が0.3秒短い
810b041e:○○×○○○××○×○×○
810b041f:×××○××××○××○○
810b0420:×○○××××××○○×○
810b0421:×○○×○×○○○××○×
810b0422:○○×○○○○×○×○○×

810b0423:××○×○○×××××○× ■経過時間が0.2秒短い
810b0424:○×○○×○○○×○○××
810b0425:○○×○○○×○×○○○×
810b0426:×○○○×○×○○○○××
810b0427:××○○×○○○○○○××
810b0428:×○×○○○○×○×○○×

810b0429:○○×○×○×○×○××○ ■経過時間が0.1秒短い
810b042a:×○○××○○○×○××○
810b042b:○○×××○○×○××○○
810b042c:○○×××○○○×○××○
810b042d:○○×××○××××○○○
810b042e:×○○×××○××○○○○

810b042f:×○××××××○○×○× ■目標

810b0430:××○××○××○○×○×
810b0431:○○○××○×○○○×××
810b0432:×○○○○○×○○○×××
810b0433:×○○○○○○○○○○○×
810b0434:×○○○×××○××○××
810b0435:××○○×○○×○×××○ ■経過時間が0.1秒長い

810b0436:○○○××○○○××○×○
810b0437:○××○○×○○○○○○×
810b0438:×○○○×○×○○○×○×
810b0439:×××○×○×○○○××○
810b043a:○×○○×○×○○○××○
810b043b:○○○○××○×○○××× ■経過時間が0.2秒長い

810b043c:×××○○×○○×××○○
810b043d:○×○○○○○×○○○○×
810b043e:×○××××○×○○○○○
810b043f:×○○×○×○○×○×××
810b0440:×○×○××○×○××××
810b0441:○○○×○○×○○○○×○ ■経過時間が0.3秒長い

810b0442:○×××○○××○○○○○
810b0443:○○×××○××○×○○○
810b0444:○××○○×○○○○○○×
810b0445:○○○×○○×○○○○××
810b0446:×○×○××○○×○○××
810b0447:×××○○×○○○○○×× ■経過時間が0.4秒長い

810b0448:×○×××○○○○×○○×
810b0449:○××○×○××○××××
810b044a:○×○×○×○○○×○○×
810b044b:×××○○××○○○×○○
810b044c:○○××○○××○×○×○
810b044d:○××○○○○×○○×××■経過時間が0.5秒長い

もしこの中にコイントスの結果と一致するものが無ければ、 続きから始めるの時間がずれている可能性があるので、調整します。
野生のポケモンを捕まえ、ツールの水色のパネルで初期シードを検索するという方法もあります。
コイントスの結果が奇数のずれの場合は、 フレームは2ずつ進むという性質より、年を奇数ずらす必要があります。

■ステップ4■通常乱数を消費・捕獲
初期seedが合ったらポケッチを歩数計にして384~511歩移動してクレセリアに話しかけ、 捕獲するだけです。

=====================================
以下は私の結果です。

■1回目
コイントス:おおうううおおうおううおお (お:表、う:裏)
810b042b:○ ○ × × × ○ ○ × ○ × × ○ ○
4フレーム(約0.07秒)だけ経過時間が短いようです。もう一度同じ条件で試してみます。

■■2回目
コイントス:おおうううおおうおううおお
810b042b:○ ○ × × × ○ ○ × ○ × × ○ ○
1回目と同じようです。今度は17秒の少し前にプラチナを選択します。

■■■3回目
コイントス:うおううううううおおうおう
810b042f:× ○ × × × × × × ○ ○ × ○ × ■目標
初期seedが合いました。

ポケッチの歩数計をクリアで0にし、クレセリアの前で走ります。 歩数計が399のときに話しかけました。 コトブキシティに空を飛ぶで移動し、クレセリアと重なるまで動きます。 重なったら先頭をレベル25のポリゴンにしてゴールドスプレーを使用してクレセリアと会い、マスターボールで捕獲しました。
能力値は195-73-154-95-150-105、成功しました。
タマゴ厳選 (5Vヨマワル)
乱数調整を利用したタマゴ厳選の例として、 性格しんちょう、個体値は特攻以外31のヨマワルを厳選します。

■ステップ1■条件を確認
HPと防御が31のヨマワルと特防が31のメタモンを預けるという前提で、 Platinum1.4.2β(最新式ではありません)の赤いパネルに条件を入力します。



緑の個体値入力部の15というのは適当です。
以上より初期seedをd217058dに合わせ、seed(通常乱数)を5消費すれば良いことになります。 つまり初期seedを合わせ、NPC(自分以外の人など) の勝手な動きにより通常乱数が5消費された時点で育て屋じいさんに話しかければ良いです。 エムリットなどの徘徊ポケモンは通常乱数を消費するので、徘徊していない状態にします。

■ステップ2■爺前固定、育て屋じいさんの前でレポート
爺前固定とは、育て屋じいさんがタマゴを渡してくれる状態でレポートすることで性格 ・特性・性別を固定することです。 今回は孵化乱数を利用し、性格をしんちょうに固定します。

まずHPと防御が31のヨマワル、特防が31のメタモンの順に育て屋ばあさんに預けます。
リゾートエリアの上の草むらに行き、レポートを書いて一旦電源を切ります。
プラチナを再開し、あまいみつを使ってポケモンを捕獲、 ツールの水色のパネルで初期seedを確定します。



初期seedがdd040264と分かったのでツールを黄色いパネルにし、 しんちょうにするには孵化乱数をどれほど消費すれば良いか調べます。



これより、孵化乱数を58消費してからタマゴが出来れば性格がしんちょうになるようです。
手持ちを1匹にした後なつきチェッカーにした時点で孵化乱数を2消費、 ダブルタッチで28回跳ねさせて56消費しました。
育て屋じいさんの前に行き、タマゴが出来るまで動きます。

タマゴが出来たら、 貰う前にポケッチをコイントスにしてから育て屋じいさんの前でレポートを書き、 タマゴを孵化させてしんちょうか確認してみます。
しんちょうであれば爺前固定に成功してるのでレポートせずに電源を切ります。

■ステップ3■時刻を決定
赤いパネルより、 2009年9月21日23時20分1秒に続きから始めるを選択する ことにします。 9×21+20+1=210を16進数に直すとd2、初期seedの上2桁になっています。 (目標初期seedはd217058d)
時刻は23時。
経過時間はフレームが1412(10進数)になれば良いので、 1412÷60≒23.5秒にフレームの進まない白い画面の4~5秒を足して、 大体28秒と考えて良いでしょう。 よってプラチナを選択するのは2009年9月21日23時19分33秒です。 DSの時刻を2009年9月21日に設定したら、一度プラチナを始めてレポートし、 続きから始めるの後に冒険ノートが出ないようにしておきます。

■ステップ4■初期seedをd217058dに合わせ、通常乱数を5消費する
ストップウォッチを準備します。 DSの時刻を23時19分に設定すると共にストップウォッチを起動させ、 33秒丁度にプラチナを選択、23時20分1秒丁度に続きから始めるを選択し、 連打でタマゴを貰います。直ぐにタマゴを貰わないとNPCによりかなり通常乱数が進んでしまいます。
コイントスをします。コイキングなら表の○、モンスターボールなら裏の×です。 コイントスの結果から初期seedとの差を調べ、調整していきます。



以下は目標から0.5秒の範囲のコイントスの結果です。
目標初期seed:d217058d
d217056f:○×○○×××○×○×○× ■経過時間が0.5秒短い
d2170570:××○○×○○○○×××○
d2170571:○○×××○○○××○○×
d2170572:○○○○×○××○○○××
d2170573:×○○○×○×○×××××
d2170574:○○×××○×○×○×○×

d2170575:○○×××○×○×○×○× ■経過時間が0.4秒短い
d2170576:××○○×○×××○○×○
d2170577:××○×○○○××○○×○
d2170578:○○○××○○○×××○×
d2170579:○××××××○×○○××
d217057a:××○○○×○×○×○○○

d217057b:○××○××××○○××○ ■経過時間が0.3秒短い
d217057c:×○×××○××○××××
d217057d:×○○○○×○×××××○
d217057e:○○○××○×○○○××○
d217057f:○×○××○×××○×××
d2170580:×○○×○×○○○○○×○

d2170581:○○×××○○×○○××○ ■経過時間が0.2秒短い
d2170582:○×××○×○○×××○×
d2170583:○××○○×○○○○○×○
d2170584:×○○○○○○○○○××○
d2170585:×○×○××××○×○××
d2170586:○○○○××○○○×○××

d2170587:×○×××○×○××××○ ■経過時間が0.1秒短い
d2170588:○○××○×○×○××××
d2170589:○××××○○○×○○××
d217058a:○×○○×××○○×○○○
d217058b:××○×○××○○××××
d217058c:×○×○×○××○○○×○

d217058d:××○○××○×○××○○ ■目標

d217058e:○××○○○××○×○××
d217058f:○○○○×○×○××○○×
d2170590:××○××○×○×××○○
d2170591:○○○×○○○○×○○○○
d2170592:○○××○○○××○×××
d2170593:○×××××××○×○×× ■経過時間が0.1秒長い

d2170594:×××○○×○○○○○×○
d2170595:○○××××○○○○○○○
d2170596:○○○××○×○○×××○
d2170597:○×○○○×○○○×○○○
d2170598:○○×○○××××○××○
d2170599:×○××○○××○○○×× ■経過時間が0.2秒長い

d217059a:○×××○×××××××○
d217059b:×××○○×○×××○×○
d217059c:○○××○×××○○○○×
d217059d:×××○○○○○○×××○
d217059e:○×○××○××○○○××
d217059f:○×××○××○×○○○× ■経過時間が0.3秒長い

d21705a0:○×○○○××○×××○○
d21705a1:×××××○○○○×××○
d21705a2:○××○○○○○××○×○
d21705a3:××××○×○○××××○
d21705a4:×○○××○×○××○○×
d21705a5:○○○××○○×○○○○× ■経過時間が0.4秒長い

d21705a6:××○×××○○○○×○×
d21705a7:×○○××○××○○○××
d21705a8:○××××○××××××○
d21705a9:○×××○○××○×○○×
d21705aa:×××○○×○××○×○×
d21705ab:×○○××○×○××○○○ ■経過時間が0.5秒長い

もしこの中にコイントスの結果と一致するものが無ければ、続きから始めるの時間がずれている可能性があるので、調整します。
野生のポケモンを捕まえ、ツールの水色のパネルで初期シードを検索するという方法もあります。
コイントスの結果が奇数のずれの場合は、 フレームは2ずつ進むという性質より、年を奇数ずらす必要があります。

初期seedが合致したら孵化して目標の個体か確認します。 NPCによる通常乱数の消費が異なると、下図の緑のパネルのように、 出てくる個体も異なるので注意して下さい。 Noというのは消費した通常乱数のことです。



通常乱数の消費が異なる場合は、連打ではなく受け取る速度を遅くしてみたり、 再びレポートを書いてNPCの動きを変えるといった操作が必要なようです。 なかなか合わない場合はかなり大変ですが、頑張って下さい。

通常乱数合わせが難しいので、固定ポケモンよりも難易度が高いと思います。

=====================================
以下は私の結果です。

■1回目
コイントス:おうううううううおうおうう
d2170593:○ × × × × × × × ○ × ○ × ×
0.1秒経過時間が長かったです。プラチナ選択を遅めてみます。

■■2回目
コイントス:おううううおおおうおおうう
d2170589:○ × × × × ○ ○ ○ × ○ ○ × ×
4フレーム短かったです。

■■■3回目
コイントス:ううおおううおうおううおお
d217058d:× × ○ ○ × × ○ × ○ × × ○ ○ ■目標
初期seedが合いました。孵化したところ11-6-7-4-7-5で、 個体値を確認したところHP攻撃防御特防素早さが31でした。
通常乱数の消費は5で成功したようです。
対戦理論[能力値][ダメージ]【乱数調整】
トップに戻る